女性

ほくろの治療で美しく【施術を安全に行ってくれる】

カウンセリングを利用

看護師

些細な不安も解消してから

美容外科クリニックの魅力は施術前のカウンセリングが長いという点です。施術対象者への対応が丁寧で、ほくろへの治療だけでなく心のケアも大切にしてくれます。事前カウンセリングだけでなく、施術中の痛みや気になることがないかなど何度も確認の声掛けが行われます。ほくろ除去の治療では一般的な美容外科クリニックでは炭酸ガスレーザーかメスと電気メスを使った方法の2種類です。方法の違いの目安は、小さなホクロや盛りあがっていないほくろには炭酸ガスレーザーが利用されます。大きく膨らんでいるほくろはメスで切ってから電気メスで焼き取っていきます。治りは炭酸ガスレーザーのほうが早さもありますが先生が状況を確認してくれるので安心です。基本的にはどちらの治療法を選んでも同じ費用ですが、大きなほくろには皮膚を切除してから部分を縫っていきます。数日開けてから抜糸が必要になるので若干費用がアップします。価格はクリニックによって異なります。施術当日には炭酸ガスレーザーでも電気メスどちらの治療法を選んでも局部麻酔が行われるので、ほぼ無痛で手術を受けることができます。カウンセリングは多くのクリニックで無料になっているため、カウンセリングで施術方法と費用を確認してからどこで治療をうけるかを決めていきます。美容外科クリニックでは多くの方が訪れるため、その場で手術を決定しない人も多くいます。カウンセリングによってはその場で決定するする人もいますが、当日施術を行うことも可能です。一か所ではなく数か所でカウンリングを行い自分にぴったりのクリニックを選んでいきます。ほくろの治療のために美容外科クリニックを利用したいときには、カウンセリングの予約から行います。美容外科クリニックではカウンセリングなしでいきなり施術は行われません。カウンセリングを受けて患者側もクリニック側も双方がマッチングしてから施術することになります。ホームページや電話にて予約をしてからカウンセリングを受ける日程を決定します。カウンセリング当日には自身を証明する身分証明書が必要です。15歳以下は親権者の同伴と同意書が必要になり、16歳以上20歳未満では親権者の同意書が必要です。クリニック到着後、問診票にアレルギーの有無や現在の状況を記入していきます。顔や首などが含まれる場合には、当日はタートルネックなど首まわりが隠れてしまう服装は避けるようにします。カウンセリングは先生に悩みや希望を伝えていき、希望に合う施術方法が決めていきます。その場で治療の申し込みをしなくても大丈夫ですし、納得がいけたら当日の治療も可能です。検討する場合には、決定後に日程を決めて申し込みをします。施術当日はカウンセリングで伝えられた内容で施術が行われます。時間は治療を受けるほくろの数にもよりますが、早くて5分程度です。施術後は軟膏と施術箇所を守るテープでアフターケアをしていきます。テープはほくろを取り除いた部分を紫外線と洋服などによる摩擦から守ってくれます。テープで守らないと色素沈着が起きてしまうため、指導された日数は確実に使うようにします。一般的にほくろの治療は一度の来院で終了です。施術終了後も不安なときはアフターフォロー体勢が整っているクリニックも多いため、わからないことは遠慮なく問い合わせでして不安を取り除きます。